冠婚葬祭ギフト

*

冠婚葬祭ギフトの正しい贈り方

冠婚葬祭におけるギフト選びやお返しなど、自分本位で考えずに相手のことを思いやりを忘れないことが大切。そうすれば冠婚葬祭におけるギフトは高額や豪華な品々を選ぶ必要はなく、相手に負担を与えることはありません。冠婚葬祭ギフトは半ば形式化された習慣だが、今の時代にあった贈り方を考えましょう。

喜ばれる贈答の基本

贈る目的をはっきりさせて、気持ちを伝える

心を金品に託して相手に伝えるもの、それが贈り物です。贈り物には、お祝いやお礼、お見舞いなどいろいろありますが、形は違っても、本当に贈るのは贈り手の真心であるといえます。

贈り物をするときは、何のために贈るのかをはっきりさせましょう。理由のない贈り物は相手を困惑させますし、せっかくの気持ちが伝わらないのでは、贈り物をする意味がなくなってしまします。

贈るタイミングを大切に

贈り物は、適切な時期に贈ることも大切です。タイミングが悪いと、こちらの真意が伝わらないばかりか、相手に不快な思いをさせることもあります。たとえば、弔事の贈り物などは、早すぎると準備をしていたような印象を与えるので注意が必要です。

贈り物にもタブーがある

お祝いごとで贈り物をするときは、縁起の悪いものは贈らないのがマナーです。本人からとくに希望があった場合は別として、もし結婚祝いに壊れやすいグラスなどを贈ったりしたら、「割れる」を連想して相手は不愉快な思いをするでしょう。心を込めて選んだ贈り物で誤解を招かないように、十分注意したいものです。

覚えておきたい贈り物のタブー

結婚祝いには「切れる」「割れる」につながるハサミや包丁、ナイフは贈らない。 目上の人に「勤勉」を意味する書類カバン、時計などはおくらない。 新築祝いにストーブ、ライター、喫煙具といった「火」に関わるものは贈らない。 身内や恋人以外の異性には宝石類や下着を贈らない。